スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万博日本館の人気定着、待ち時間連日3時間(読売新聞)

 【上海=加藤隆則】5月1日の開幕から1か月を迎えた上海万博で、官民が計130億円を投じた日本館は、人気パビリオンとしての評価が定着し、連日、3時間以上の行列ができている。

 江沢民・前共産党総書記をはじめ中央・地方の幹部も多数来場し、バイオリンを弾くロボットや下水の飲料水化、海水の淡水化などの技術を紹介する展示を見て回った。江原規由館長は「先端技術には、中国の指導層からも強い関心が集まっている」と話す。

 遣唐使以来の日中交流史や両国が協力するトキ保護活動も紹介しているが、こちらの反応は今ひとつ。

 一方、開幕日からしばらく国旗掲揚を見送っていた同館は、5月19日から、中国国旗と並んで日の丸を掲げた。

 メディアや国会で取り上げられ、「主要国を調べたところ半数以上が掲揚していたため」(同館)という。「先端技術」とは対照的な後手の対応だ。

「辺野古」移設 共同声明 沖縄「夢が打ち砕かれた」 首相への失望渦巻く(産経新聞)
行政事業レビューの「公開プロセス」がスタート―厚労省(医療介護CBニュース)
面接は受験生の地元…山形大、試験官が全国へ(読売新聞)
幸夫人「厳しい決断だった」…鳩山首相退陣表明(スポーツ報知)
カップル喫茶を摘発、プレイルームでわいせつ行為(読売新聞)
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。